介護や福祉関係の仕事について

日本において高齢化が急速に進行していることを背景に、介護や福祉関係の仕事への
就職や資格の取得は、各方面で必要とされてきており、社会の注目も年々高まって
きています。

年配の方や介護を必要とする人たちを支援し、手助けすることを目的としているので、
生きがいややりがいが大きいので、多くの方が介護施設への就職を目指してがんばって
います。

仕事は基本的に介護や福祉のサービスを必要としている年配の方や障害を持った方
などを、専門的な知識や技術によってサポートすることを目的としています。

ホームヘルパー・ケアワーカー(介護福祉士)・ケアマネージャー(介護支援専門員)
ソーシャルワーカー(社会福祉士)・看護師(訪問看護師)・作業療法士(OT)
理学療法士(PT)・サービス提供責任者・介護保険事務など、いろいろな仕事が
あります。

また、年配の方や介護を必要とする人たちに対しての仕事なので、ハードな一面が
あり体力や精神力も要求されます。

介護タクシーや介護車両の特徴と選び方

介護タクシーはというと、タクシー会社が介護保険制度の訪問介護の事業者に指定
されており、かつホームヘルパーの有資格者である運転手が、病院に通ったりする際の
補助や介助など、年配の方や障害をもった方など介護を必要とする人を対象に
サービスを行うタクシーを指します。

介護タクシーなどの介護用の車は、さまざまなことを配慮して設計されています。
例えば車のシート自体が回転するようになっていたり、車椅子のまま乗り降り出来る
昇降機やスロープがついていたりします。

介護タクシーを専門に扱っている業者だけではなく、レンタカー店とか普通のタクシー
会社でも介護・福祉車両をレンタル出来るサービスが行われているところもあります。

介護車両を選ぶ際に気をつけるべき点として、安全装置の機能・操作について十分に
理解することはもちろん、乗り降りのしやすさや車内がゆったりとしているかどうか、
また大きい車両の場合には使用する駐車場の広さも考慮しなければいけませんが、
これらについては試乗するなどしてしっかりと確認することをオススメします。

介護老人保健施設とサービスについて

介護老人保健施設といった介護保険施設が、1997年の介護保険法の制定によって
作られました。

都道府県知事が指定する介護保険法に基づく介護保険施設には、介護老人保健(保険)
施設のほかに、介護療養型医療施設、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
などがあります。

介護老人保険施設をどういった人が利用しているかといえば、介護の必要な年輩者で
病気の症状が比較的安定していて、機能回復訓練(リハビリなど)を行う必要がある人
などです。このほかにも必要に応じて日常生活における身の回りの世話や診療も
受けられます。

基本となるサービス費用は、要介護度や利用しようとする介護老人保険施設によって
違いが生じてくるので、サービスを受ける前によく調査することをオススメします。

また長い期間に渡って医学的な介護や療養が必要な場合には、介護療養型医療施設
などの施設もありますので、専門員とよく相談されるとよいでしょう。

介護保険制度とは

介護保険制度はどういったものかというと、国民全体が加入して保険料金を支払って、
自分に介護が必要になってしまった場合には、その度合に応じて給付金を受け取る
ことが出来る社会保険制度をいいます。

介護保険制度は、2000年より施行された介護保険法に則ったもので、介護費用は
その1割が介護サービスを利用している人の各自負担となり、あとの9割は公費や
保険料金より支払われることとなっています。

介護保険制度を使ったサービスを受けるためには、まず最初に本人や身内が市町村
役場で、要介護認定申請を行ことが必要です。

申請する際の申請用紙は、自分が住んでいる市区町村役場の介護保険課(高齢福祉課
など市区町村によって名称が異なる)で受け取ることが出来ます。

申請から認定の結果通知が出るまでは各自治体によって違いがあり、早くて25日程度、
遅いところでは30日を超えるようです。

認定は保険者や調査員が行う認定調査の結果と主治医の作成する意見書をもとにして
認定審査会によって行われます。認定審査会では、認定調査の結果をもとに認定
ソフトで一次判定を出し、主治医の意見書から二次判定を行い最終決定されます。

介護について

介護について簡単に説明しますと、お年寄りや障害者や病人などで普通に生活する
のが困難な場合に、食事や排泄などの身辺の世話や支援をすることをいいます。

介護という言葉は1970年後半くらいからよく耳にするようになり、そして2000年に
施行された社会保険制度である介護保険法により、保険制度が社会に浸透するとともに
高齢者のための在宅サービスなども普及してきました。

在宅のサービスにはデイサービスなどの訪問介護、社会福祉施設でのサービスには
デイケアセンターや特別養護の老人ホームなど、介護保健法によって定められた
サービスがあります。

また人材面では、ケアワーカー・介護支援専門員であるケアマネージャー・介護福祉士・
ホームヘルパーなどの有資格者などが中心となってサービスを行っています。

一方、介護を受ける要介護者は、介護保険法により要支援、要介護度5〜1という
ようにランク分けされ、それぞれに応じた介護サービスを受けることが出来ます。

近年の社会では少子化や核家族化・高齢化が進み、その分家族の負担も大きくなり
日本の介護問題はますます深刻になってきているので、これらのサービスが注目を
集めています。